こんにちは。アルミ手摺施工、などを行っているマル忠です。

アルミ手摺ってなんなの?と思われる方や、日々ご質問いただいたときにどう答えるかというと...

つい先日までは「マンションのベランダなんかについてるアルミ製の棒とか柵?みたいなのを作って取り付けている会社だよ!」←これはあくまでも周りの人にざっくばらんに話すときですが、、、

ホームページの事業内容を見ていただければ、どんな製品なのはお分かりいただけるかとは思いますが、その仕事の魅力は?といえば、、、社員さんでもなかなか実感していただいているかどうか((笑))

事業内容はこちらから→http://k-maruchu.co.jp/business/

ココで、当社専務の思う「手摺とは??」語ってもらいました!!

 

人口が増える都市部では、高さを高くし多くの人が住めるようにマンションという建物が増えていきます。マンションが街の風景(印象)に大きくかかわるものあると実感している。

たとえば、昔よく採用されていた「鉄製手摺」。鉄製のために錆びが発生したり、安全面でも修繕が必要になりますね。。

錆びた手摺がついた建物にいくらペンキをぬりたっくっても、きれいにみえるでしょうか??おしゃれな手摺(ガラス入りや外装ルーバー)で飾られた外観っていうのは、どんな印象をあたえますか??

新築マンションにおいても、マンションの外観イメージを決める大きな部分を担っている「手摺」という認識で日々提案し、施工できる物件を増やしていくことにやりがいを感じているそうです。

大阪の街を営業して移動中、手がけた物件のアルミ手摺が、目の前に現れると、”いいデザインだな!”とか

【街の風景を作っている一部だ】と感じるそうです!

 

どのように関西圏のマンションに取り付けられているか、また街の風景とともに写真で紹介させていただきますね☆

 

事業内容

 

事業内容_外装ルーバー